ブリアン歯磨き粉は、何歳から使う?使ってる?

ブリアン歯磨き粉は、みんな何歳から使う?使ってる?

 

ブリアン歯磨き粉は、何歳から使うのが良いのでしょうか? せっかくブリアン歯磨き粉を使うなら、子供の虫歯を予防できるような効果の高い使い方をしたいですよね。ブリアン歯みがき粉について、調べると、使わないよりも「やっぱり、ブリアン歯磨き粉を使った方が良いよね!」という気持ちが強くなってきました。

 

 

ブリアン歯磨き粉について調べていると出てくる「感染の窓」といわれる言葉があります。「感染の窓」とは、子供が虫歯菌に感染するごく短い期間のことを言います。この「感染の窓」といわれる期間は、特に虫歯に感染しやすい時期です。逆に、この時期に虫歯菌に感染しなければ、それ以降感染の完成は低くなるため虫歯になりにくいというわけです。一般的に、「感染の窓」といわれる虫歯菌に感染しやすい時期は、1歳半(18か月)〜3歳手前(30か月)です。逆に考えれば、子供の歯のことを考えたら、この1年半をしっかり虫歯予防に努めればOK!!この1年半を乗り越えれば、虫歯になるリスクは、かなり低くなるということですよね?

 

 

それなら、ブリアン歯磨き粉を使う時期をこの「感染の窓」の時期に合わせるというのが賢明じゃないですよか? もしくは、歯が生え始めたことから使ってもプラス半年ぐらいです。合計2年間だけは、虫歯菌に子供が感染しないように、注意しながら、ブリアン歯磨き粉を使うというのが、今私が考えている子供虫歯予防のプランです。

 

 

実際に使っているという方のブログや、SNSを確認しても、意識が高いママパパさんは、子供に歯が生え始めたころにブリアンを購入してますね。歯磨きが分からないぐらいの子供でも、ブリアンは口に入れておけば(吐き出したり、口をゆすぐ必要がないから)、それだけで虫歯菌が子供の口の中に居続けることを防いでくれるかもしれません。生まれたときの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌を含む細菌は何もいません。子供に近い人間の口内環境と同じようになる確率が高いことから、親や祖父祖母から虫歯菌が感染している可能性が高いそうです。

 

離乳食などが始まって、子供に食べ物の口移しをしないとしても、何かのきっかけで虫歯菌が子供の口に入る可能性はゼロではなりません。そんな時に、ブリアンを使うことによって、口に入ってしました虫歯菌をブリス菌が天然の抗菌物質を作り出して除去するので、虫歯菌がいない口内 ⇒ 虫歯にならない子供、虫歯で苦労しない子供にしてあげられるかもしれません。