虫歯とは

虫歯とは?

 

虫歯にならないために、どのように虫歯になるのかを理解していると、その対策方法も見えてきました。まず、理解しておくべきポイントとして、虫歯は感染症ということです!そういう風に思っていなかったので、ビックリしてしまいました。感染症といったら、インフルエンザと同じような仕組みです。インフルエンザ菌に感染して、インフルエンザになります。虫歯は、虫歯菌(ミュータント菌)が、口の中に住み着くことによって、感染するということになります。虫歯菌がいない人がほとんどいないので、考えにくいですが、虫歯は感染症ということになります。

 

 

実は、生まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯菌(ミュータント菌)を含む細菌がまったくいない状態です。虫歯菌は、甘いものを栄養にして活発に活動して、歯を溶かしたり虫歯にしてしまいます。それでは、虫歯菌(ミュータント菌)がいなければ、虫歯にはならないということでしょうか?現実的に、虫歯菌がいないという人が少ないのですが、虫歯菌が口内にいなければ、いくら栄養となる甘いもの(砂糖)を食べても、虫歯になることはありません。また、とても強い歯をもっている場合にも、虫歯菌の活動に歯が負けないため、虫歯にならないケースもあります。

 

話をまとめると、虫歯ができるには、@虫歯菌、A砂糖(甘いもの)、B歯の強さ、以上3つが影響してくることになりますね。それでは逆に、この3つのうち1つでもなくなれば虫歯になる確率が低くなるわけですね。これら3つに対して、どういった虫歯対策ができるのか?どういうことをしている人が多いのか調べました。

 

@虫歯菌
虫歯菌に対する対策として、2)虫歯菌をもつ子供にできること、を調べます。
1)赤ちゃんに虫歯菌が移らないようにするために
・同じ箸やスプーンを使わない
・口うつしでものを食べさせない
・キスを控える
・コップや食器類を使い分ける
・特に、乳歯が生え揃う1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月に感染しやすい(感染の窓といわれる時期)
・逆に、感染の窓を乗り越えたら、それ以後は感染する可能性はかなり低くなりその後の予防が楽になる
・感染の窓の時期に、口内の細菌バランスが決定されて、その状態で一生固定される
・口内細菌のバランスを、虫歯菌のすくない善玉菌多めのバランスにしたらよい
・まわりの大人の口内環境(特に母親)が、赤ちゃんに影響を与えやすい

 

A砂糖(甘いもの)
・虫歯菌は、ショ糖(甘いもの)が大好物
・だらだら間食をして、口内に砂糖がある状態で活発になる
・歯垢には口内細菌もいれば、ショ糖も含まれる。とにかく歯磨きでしっかり落とすこと

 

B歯の強さ
・歯のエナメル質、象牙質、セメント質は個人差がある
・キシリトールやフッ素などは、歯の質に働きかける
・口内が酸性だと、悪玉菌が繁殖しやすくなる

 

 

そして、いろいろなサイトやSNSを調べる中で気づいたことは、ブリアン歯磨き粉を使っている方が多くいることでした。ブリアン歯磨き粉は、上で記載している@虫歯菌A砂糖(甘いもの)のどちらにも作用してくれるものでした。感染の窓といわれる時期の1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月を、子供が虫歯菌に感染することがないようにと利用させている方が多いようですね。