ブリアン歯磨き粉で、虫歯になりにくい子供に

ブリアン 歯磨き粉 口コミ





虫歯対策用子供はみがき粉【ブリアン歯磨き粉】

 

子供に歯が生えてきた頃、離乳食を始めた頃に不安になるのが子供の虫歯。ブリアン歯磨き粉は、すすぎが不要だから、子供が小さいうちから使えて、早期から虫歯予防ができます。おいしいいちご味の歯磨き粉を、子供が小さいころから使うことで、はみがきへの抵抗をなくしたり、歯磨き習慣へつなぎます。虫歯対策には何よりも歯磨き習慣ですから、虫歯ができにくい子供にするために、ママを手助けしてくれる強い味方です。

 

⇒ すすぎ不要な歯磨き粉「ブリアン歯磨き粉の詳細はこちら

 

ブリアン歯磨き粉はこんな子供におすすめ

歯磨きを嫌がる子供
子供が歯磨きを嫌がるときに、ブリアン歯磨き粉を歯に塗ります。本来の使い方とは違いますが、虫歯菌に効果がある「BLISM18」という善玉菌成分が含まれているので、これだけでも効果があるそうです。メーカーに尋ねた方がいて、メーカーの方がそう答えてくれたそうです。

 

まだ、うがいが上手にできない子供
ブリアン歯みがき粉は、うがいによって吐き出す必要がありません。ブリアン歯磨き粉は、天然素材で作られているため、子供が飲み込んだとして安心です。BLISM18」という善玉菌が口内で活動できるように、殺菌剤もはいっていないので、「うがいができないので、子供の歯磨きをどうしよう」とかんがえているママにピッタリ。

 

仕上げ磨きの時間が取れないママ
仕上げ磨きをしてあげたいけど、3人兄弟だったり、仕事が忙しくて時間がとれない。そんなときに、少しでも虫歯菌繁殖のリスクを減らせるブリアン歯磨き粉を使うことで、「やってあげたいけど、出来ない」というストレスからも解放してくれます。

 

初めて歯磨きをする子供
初めての歯磨きを覚えるときに、このイチゴ味はおいしいと歯磨き自体をストレスに感じなくなりそう。それから、初めての歯磨きが成功すれば、その後の歯磨き習慣につなげるのが簡単そうですね。

 

⇒ 虫歯予防歯磨き「ブリアン歯磨き粉の口コミはこちら

 

 

ブリアン歯磨き粉を愛用している我が家ですが、少し前までは、「子供が虫歯になっても、乳歯なんだから生え変わるし、大丈夫じゃない?」と、悠長に構えていました。無知って本当に恐ろしいです。だから、子供が寝るときに歯磨きをしなかったとしても、今のようには怒りませんでした。虫歯が全くないうちの旦那も、「俺が虫歯ないから大丈夫だろう!」って。

 

そんな我が家でしたが、虫歯になった子供を歯医者に通わせているママ友から、その歯医者さんから聞いたという「子供虫歯が、どれだけ子供にとって危険か?悪影響か?」という話が衝撃的で、ようやく自分の無知に気づき、ママ友がすすめるまま子供用の虫歯予防歯みがき粉(市販よりは少し高い)を購入して、ずっと愛用してます。

 

 

「乳歯なんだし、虫歯になっても生え変わるから大丈夫!」と、虫歯について、ここまで軽く考えている親御さんは少ないと思いますが、子供の虫歯について仕組みをしっている人は少ないのでは?専門家(歯医者さん)の話を聞いてみると、親が子供にやってあげられることがわかってきました。

 

 

子供の歯(乳歯)の虫歯が、どのように子供の発育と健康に関係するか?
@永久歯の歯並びへの影響
A永久歯の成長を妨げる
B虫歯菌が口内で増え続ける
C顎が十分に発達しない
D偏食になる、発音に影響、顔のフェイスラインに影響

 

乳歯は抜けてなくなるけれど、もし乳歯に虫歯があれば子供の身体や次に生えてくる永久歯に影響があるということです。とくにく虫歯は百害あって一利なし。永久歯でなく乳歯でも、いいことはないということです。そこで子供に虫歯を作らないためには、2つ
@虫歯菌(ミュータント菌)を子供の口内へ移さない
A虫歯菌(ミュータント菌)が繁殖しやすい環境を作らない。

 

@赤ちゃんの口内に虫歯菌は存在しないそうです。多くは家族の唾液が赤ちゃんに移ることで、虫歯菌が口内へ移るそう。うっかり自分がつかったスプーンや箸も、子供の近くにおいけないですね。口へのキスもダメということで、親ばかとしては我慢が難しいところです。子供と一緒に食事をしながら、面倒で離乳食を大人用スプーンやお箸で食べさせていた我が家は、間違いなく子供に虫歯菌がいますね。。

 

 

A虫歯菌(ミュータント菌)が繁殖しやすい環境を作らない。
@の虫歯菌を移さないにすでに失敗している我が家は、歯ブラシをしっかりしたり、甘い食べ物を避けたり、虫歯のできずらい環境を作るしありません。それなのに、子供って歯磨き嫌がりませんか?歯磨きをしてあげようとしても、とにかく嫌がる。そこで、どうにかならないかと、ママ友から紹介された虫歯予防になる粉歯みがき粉を使い始めたんです。うがいがまだまだうまく出来ない子供だったので、飲み込んでも大丈夫な天然素材の歯磨き粉はとても安心感でした。それから、この歯磨き粉に含まれているブリスM18(善玉菌)が、とても粒子が細かく歯垢を取り除いてくれるようで、善玉菌というケミカルじゃない成分も、話を聞いてて良いなと思ったポイントでした。

 

天然素材
ブリスM18善玉菌(乳酸菌)による歯垢除去
いちご味
粉歯磨き粉

 

 

粉歯みがき粉は、使ってみるまでどうなのかなと思ってましたが、子供は意外と嫌がらなかったです。歯磨きを嫌がるときも、歯に塗って舌で広げてもらったりしました。(正しい使い方じゃないとわかっていても、ブリスM18(善玉菌)がどうにか歯垢を取り除いてくれないかという思いです。(笑)フッ素も虫歯菌の抑制になると聞いて、フッ素配合の歯磨剤やフッ素洗口も考えたりはしたのですが、子供の身体の中に入るものなので、出来れば天然素材で安心出るものが良かったので選択肢から外しました。今のところは、子供は虫歯になることもなく一安心していますが、親の無知で乳歯の虫歯を甘く考えてはいけないですね。

ブリアン 歯磨き粉 使い方

ブリアン歯磨き粉の基本的な使い方を、ご説明します。ブリアン歯磨き粉は、、粉歯磨きとなっています。1日分が一包となっているので、容器に出して使います。ハブラシの毛先で直接粉をつけて取り、3分ほどみがきます。あとは、唾液を出して歯磨き終了です。うがいをする必要がなく、つばを出す程度でOK。虫歯に有効な「BLISM18」善玉菌が、口内に残っているほうが虫歯菌や歯垢に働きかけてくれるので、きっちりすすが無い方が良いのかもしれないです。

 

ブリアン 歯磨き粉 成分

 

ブリアン歯磨き粉の特徴的な成分といえば、「BLISM18」という善玉菌成分。それから、成分が天然素材から作られている点も、子供歯磨き粉として安心して使わせることができるという特徴があります。善玉菌が生きて口内で虫歯菌(ミュータント菌)や歯垢に働きかけるため、善玉菌に影響がないように殺菌成分も入っていない歯磨き粉です。

 

日本で初めて歯磨き粉に入った「BLISM18」は、乳酸菌でもあるのでキムチや納豆などの食物の延長上にあります。子供の身体のことを考えて、なるべく添加物が入ってないものを選びたいママに、選ばれる歯磨き粉です。

ブリアン 歯磨き粉 効果

 

ブリアン歯磨き粉の効果は、残念ながらすぐに感じるものではなりません。使い続けて、虫歯にならなかったらブリアン歯磨き粉のおかげかな?というかんじです。ただ、使うのをやめると虫歯になるんじゃないかと不安にもあります(^^; 少し高めの歯磨きが、虫歯になって歯医者に通うことや、永久歯への影響を考えると、虫歯ができないよう使い続けるのかなと思います。

ブリアン 歯磨き粉 フッ素

 

ブリアン歯磨きにはフッ素は含まれていません。「BLISM18」という善玉菌成分が、殺菌剤にて死んでしまうからです。このBLIS M18が、虫歯菌や歯垢に働きかけて虫歯のできにくい口内環境にしてくれるので、フッ素と併用すると善玉菌が死んで効果がなくなってしまいます。そうはいっても、フッ素は歯医者さんも進める虫歯予防成分です。うまく両方を使えたら、より虫歯対策になりそうです。

 

調べたところ、ブリアン歯磨きとフッ素の併用方法は2つ。

 

ブリアン歯磨き粉と、フッ素を、一日おきに使う
今日はブリアン歯磨き粉でハミガキ。明日は、フッ素成分の歯磨き粉や仕上げのフッ素ジェルを使う。

 

歯医者さんでのフッ素塗布の場合は大丈夫なんだろうかと疑問も出てきます。その点は、今度メーカーへ訪ねてみようと思います。